Design a site like this with WordPress.com
Get started

英国人が書いた日本の怪談

Japanese translation of Ghostly Tales of Japan by Matsuo Kentaro with Kyoko Brooks

英国人作家、アンディ・ブルックスは、20 年以上 にわたって日本の超自然的ミステリーを探求してき た。彼のユニークな視点を通して、日本の幽霊や妖 怪の世界を覗いてみて欲しい。ここには恐怖、哀愁、 気まぐれに彩られた 30 編の物語が収められている。 それらは民間伝承、文学、芸術、演劇、映画にイン スパイアされ、日本の偉大な「怪談」の伝統に敬意 を表している。長く東京に暮らすアンディ・ブルッ クスは、往年のドラキュラ俳優ベラ・ルゴシの人生 とキャリアに関する研究者として受賞歴がある。ま た彼は電子音楽家としても知られている。

翻訳者―松尾健太郎

雑誌編集者。世界文化社『Men’s Ex』、『時計Begin』、『メルセデスマガジン』などの編集長を歴任。新潮社『ENGINE』編集部を経て、現在『THE RAKE JAPAN EDITION』編集長。

翻訳者京子・ブルックス

聖心女子大学文学部、バース大学大学院現代語学部(翻訳・通訳コース)卒業。東京在住。趣味として、都内のアマチュアオーケストラでバイオリン演奏を楽しんでいる。

2022年6月発行 Kikui Press: kikuipress@kikuipress

ASIN ‏ : ‎ B0B4HJ28TG

Amazon: tinyurl.com/233sv62j

Advertisement

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: